番町小学校日記

お話し会

昼休みに読み聞かせボランティアの方による「お話し会」が図書室で開かれました。

読んでもらった本は「タラコのピアノ」と「あかちゃん動物園」です。

子どもたちは、ワクワクしながら聴き入っていました。

キリンの赤ちゃんは生後26日目でなんと170cmもあるそうです。

子どもたちからは「おっきいねえ~!」と驚きの声が上がっていました。

楽しい「お話し会」をありがとうございました。

番町タイム

今朝の番町タイムは表彰と校長先生のお話です。

松山市児童生徒自由研究作品、愛媛県児童生徒自由研究作品、愛媛県陸上記録会等でたくさんの子どもたちが表彰されました。

 

最後に番町小学校が愛媛県青少年赤十字より学校賞をいただきました。先日、全校を代表して6年生に盾が贈られました。

これからも青少年赤十字の精神に基づき、気付き・考え・行動することを実践していきましょう。

表彰式のあと校長先生から「いのち」について、そして、「いのちをいただく」ことについてのお話がありました。

「いただきます」「ごちそうさま」の意味や正しい仕方について教えていただきました。

なわとびタイム

冬場の体力づくりの一環として、火・木曜日の業間の時間に「なわとびタイム」を設定し、

全員でなわとびに挑戦します。

学級ごとに、「えひめITスタジアム」の種目である『8の字跳び』に挑戦しています。

1年生は初めての挑戦で、まだうまく跳べませんが、楽しく取り組んでいます。

2年生以上は、経験済みなので、いかに速く跳べるかを一生懸命練習しています。

終わるころにはみんな体がぽかぽかしています。体力もアップすることでしょう!

 

東中校区四校連携 小中合同研修(授業参観)

東中校区の四校(東中、番町小、東雲小、八坂小)では、小中連携教育推進校として協力して研究に取り組んでいます。

研究の一環として、11月21日(木)には、東中学校教員11名が、本校の授業の様子を参観しました。

どの学級でも、工夫した授業が行われており、子どもたちが生き生きと学んでいる姿を参観していただきました。

今回の合同研修以外にも、小学校教員による中学校の授業参観、中学校教員による出張授業、部活動交流、

小中合同のSNS教室の開催等を行っています。

また、小中の教員全員が参加しての研究協議(年2回)の機会も設けて、研究・連携を深めています。

小中連携教育を推進することで教員の資質の向上や豊かな教育活動の推進、中学校へのスムーズな接続等を図っています。

 

いもほりをしたよ(1年生)

11月13日(水)に芋ほりをしました。

 春に芋づるを植えました。夏の間、葉が大きく茂って

元気よく育っていました。

 どんな芋がでてくるかどきどきしながら掘りました。

いろいろな形の大きな芋がほれました。

 

 

 

大きくて重たいお芋にみんなびっくり。

はやくみんなで食べたいなと話しました。

また、みんなでおいしくいただこうと思います。     

                     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サツマイモを掘ったよ♪

2年生は、秋も元気いっぱい♪

今日は、春から育てていたサツマイモを掘りました!

はじめは弱々しいつるで、

「元気がなくて心配・・・」と言っていたのに、

ぐんぐんつるを伸ばし、もりもり葉っぱを増やして、森のようになりました。

期待を込めて、つるを引っ張ったり土を掘ったりしました。

 

「あった~!やった~!」

「かぶみたいな形だね!」

「おいしそう~!」

 

 

1週間ほど干したら、甘さが増すそうです♪

11月末には、蒸かして食べようと思います。

楽しみですね♪

5年:図画工作科「心の形」

図画工作科の時間に土ねん土を使って、作品作りをしました。

まずは、ねん土を練るところから始めました。

①1分間で球を作りましょう。

②2分間で小さいお団子をたくさん作りましょう。

③1分間でお団子をたくさん積み上げましょう。

④球にしましょう。

⑤30秒でたくさん穴をあけましょう。

⑥30秒でたくさんつのを作りましょう。

⑦1分間でなが~いヘビを作りましょう。

この時点で大盛り上がりです。

ねん土を触りながら、作れそうな形、今の自分の気持ち、夢、〇〇になりたいなど

心にある思いをねん土を使って表現しました。

一人一人思いをもちながら活動しました。

 

 

 

東京ヤクルトスワローズ選手ふれあい学校訪問

番町小学校にヤクルトスワローズの選手3人に来ていただき、子どもたちと交流していただきました。

交流に参加したのはスポーツクラブの子どもたちです。子どもたちは本物のプロ野球選手との交流に大喜びです。

一人ずつ自己紹介をしてもらった後、キャッチボールやバッティングを見せてもらいました。

狭いグランドに選手は力をかなりセーブしての模範演技でしたが、投げるボールのスピードや打球の飛距離に驚いていました。

次は、握力・投力・リレーで子どもたちが選手にチャレンジ!!

続いて、野球型ゲーム「Tボール」を選手の人たちと一緒に楽しみました。

選手は、野球と違うルールに戸惑いながらも、全力で一緒になって楽しんでくれました。

ゲームを終えた選手から「疲れた!これはきつい!!子どもたちの体力は無限やな~!!」と思わず漏れるほど、

本当に真剣に交流してくれました。

子どもたちも「めっちゃ 楽しかったぁ~!!」と大満足です。

最後に選手の人たちから、番町小学校に、サイン色紙・サインボール・ユニフォームのプレゼントをいただきました。

学校の宝物として大切にします。

ヤクルトスワローズのみなさん、楽しく思い出に残る時間をありがとうございました。

最後はみんなで、「ヤクルトスワローズ がんばれーー!!」

 

3年生 ポンジュース工場見学

11月11日(月)

3年生は、ポンジュース工場に行きました。

工場の見学を通して、おいしいジュースが作られる工夫について実際に調べ、

工場の仕事と自分たちの生活との関わりについて理解することができました。

おみやげに一人1本ずつペットボトルのポンジュースをいただきました。

見学させていただいた工場のみなさん、ありがとうございました。

愛媛県陸上記録会

ニンジニアスタジアムで開催される愛媛県陸上記録会に、本校から5名の児童が参加します。

愛媛県内で行われた陸上大会で上位入賞した児童が一堂に会し、記録会という形で行われます。

雨模様の天気の中、出発式を行い、激励を受けて元気に出発しました。

校長先生からの激励の言葉に続き、

代表児童から、「今までの練習の成果を発揮し、自己ベストを記録できるよう頑張ってきます。」と

力強い言葉が聞かれました。きっと、頑張ってくれることでしょう。

【結果】

女子100m走 第1位

女子400mリレー 第8位

女子走り高跳び 記録125cm(自己記録更新)

全員が自己ベストを記録できたすばらしい結果となりました。

帰校して校長先生から「とても誇らしいです。よく頑張りました。」の言葉をいただきました。