番町小学校日記

お話し会

読み聞かせボランティアの方による、『お話し会』が昼休みに図書室で行われました。

今日のお話は、「おならひめ」

集まった子どもたちは、おもしろいお話に、楽しく聴き入っていました。

読み聞かせボランティアの方々には、朝の読み聞かせ等も行っていただいています。

子どもたちにとって本に親しむきっかけともなる『お話し会』・・・

子どもたちはいつも楽しみにしています。ありがとうございます。

 

3年生 音楽会練習 本格的に・・・

10月28日(月)

ドリーム音楽会に向けて、体育館で本格的に練習がスタートしました。

曲目は「ゴジラ」「エーデルワイス」です。

どの子も真剣モードです。今から本番が楽しみです。

5年:防災教室

避難訓練の後、消防士さんに防災のお話をしていただきました。

日本は地震が多い国であること。

災害による被害を防いだり、少なくするために努力し実行することが大切なこと。

様々な災害について、その対策を考えることができました。

生きている間に必ず大地震が起こると言われている中で、今回貴重なお話をしていただきました。

5年生は、これから防災について学び、理解を深めていきたいと思います。

 

 

避難訓練(第2回目)

10月28日、10時00分より、避難訓練を行いました。

まずは緊急地震速報チャイム音を流し、身を守る行動をとりました。

被害状況確認を行った後、避難に移ります。

今回は、負傷者が1名ありという想定で、担架を使っての避難も行いました。また、松山東消防署の方にも来ていただきご指導いただきました。

『避難はじめ』の合図で、どの子も真剣に素早く避難することができていました。

校長先生のお話を聞いた後、4年生の代表児童による消火体験を全校で見学しました。

まずは、署員の人から消火器の使い方を教えてもらいました。

そして、代表の児童が水消火器で実際にやってみました。

「火事だぁ~!!」と大声で知らせ、ピンを抜いてホースをもってレバーを押します。水は見事に火に命中!!

これらの体験を通して、火災予防に対する意識も高まったと思います。

東消防署のみなさん、ありがとうございました。

 

 

5年:トヨタ原体験プログラム

10月24日(木)、トヨタの方に来ていただき、トヨタ原体験プログラムを実施しました。

社会科で学習している自動車工業。

自動車をどのようにつくっているのか、どんなことに配慮しているのかなどを、クイズやゲームを通して学びました。

ゲームでは、班のみんなで協力して自動車づくりを進めました。

社会貢献、研究開発等にかかる出費、急なトラブル、よい車をつくって得る収入など、

各班から「やったー。」という声や拍手が起きるなど、大盛り上がりでした。

最後にエコカーを実際見て、環境だけでなく、災害時にも役に立つ車がつくられていることを知りました。

楽しい活動の中に、多くの学びを得た活動でした。