H30番町小学校日記

もうすぐ運動会

もうすぐ運動会です。天候がやや心配されますが、子どもたちの気合いは十分高まってきました。
北校舎の玄関では、運動会を表したあざやかな掲示が目を引きます。

掲示委員会の子どもたちが作成しました。

また、全校の子どもたちから募集したプログラムの図案も掲示されています。

本番での子どもたちの活躍が、とても楽しみです。

陸上練習の様子です

  

 

陸上部は、今日から種目別の練習を行っています。

今日は練習したい種目を自分で選択しました。
楽しく、真剣に練習することができました。

運動会の係会がありました

  

 

運動会に向けて、第2回の係会がありました。

今日は運動場で実際の動きを練習している係もありました。

2年生 図画工作科「つないで つるして」

  

   

包装紙や新聞紙などを使って、造形遊びを楽しみました。

紙を細長く切ったり破いたりしてつなぎ、できた形を教室内に張ったロープに、

どんどんつるしていきました。友達と協力して、輪飾りを作る子どももいました。

下から見上げて、いつもと違った教室の様子を味わい、「ああ、楽しかった。」と笑顔いっぱいでした。

 

運動会全校練習

 

  

1時間目の全校練習の様子です。

今日は、綱引きと応援合戦の練習をしました。
綱引きの練習では、自分の色を応援する大きな声が、本番さながらに響きました。
また、応援の練習では6年生がリーダーとなり、各組の応援の流れを紹介したり、

声出しをしたりしました。
赤組、白組、どちらも気合いの感じられる、気持ちのよい全校練習となりました。

陸上部練習

 

先週の金曜日から陸上部の練習が始まりました。
写真は、幅跳び練習の様子です。自分がどれぐらい跳べるのか、計測をしました。
練習後には、用具の準備や片付けも進んで行い、気持ちのよい練習ができました。

いじめ0の日

あったかポスト お昼の放送を聴く子ども

 
松山市では、いじめをなくしていく気運を高め、明るく健全な学校生活が送れるように、

毎月10日を「い(1)じめをゼロ(0)にする日」としています。
番町小では、今日、9月10日の「いじめ0の日」には、「あったかポスト」に投函された「心があたたかくなったできごと」を、

お昼の放送の時間に3点紹介しました。

最初は、2年生Tさんの「心があたたかくなったできごと」です。
ぼくがこけたとき、5年生が助けてくれました。

それだけでなく、けがをしたところを水で洗ってくれました。

ぼくも5年生になったら、2年生を助けてあげたいです。
 

次は、2年生Kさんの「心があたたかくなったできごと」です。
ぼくがトイレから出ようとしたら、友達がスリッパをならべていました。

スリッパをならべると次の人も使いやすいので、ぼくも今度からスリッパをならべたいです。

最後は4年生Sさんの「心があたたかくなったできごと」です。
誰も使っていなくて、ブランコが空いていました。すると、Nさんが座って、こぎはじめました。

すばらくすると、1年生の子が何人か来ました。そのことに気がついたNさんがブランコをかわってあげていました。

その様子を見たぼくは、自分もまねをしたいと思いました。

Nさんはずっとこういうことをしてあげているので、これからもずっとやさしい人でいてほしいです。

 このように、友達の優しさにふれて身も心もあたたかくなったことを紹介するとともに、「

心が温かくなったできごと」を学級や学校で共有して、思いやりいっぱいの番町っ子になろうと呼び掛けました。

5・6年 表現練習始まりました。

5・6年生の表現「ソーラン節」の練習が始まりました。

初回練習でしたが、2時間の猛練習をしました。

運動会用の振り付けビデオを見て動きを確認し、男性教諭の熱い指導を受けながら、

もう4分の3も踊れるようになっています。

子どもたちは、初回ながら、なかなかの動きをする児童もいて、気分が盛り上がっているようです。

5年 防災アドバイザーさんのお話

総合的な学習の時間に「守ろう わたしたちの生活」という防災の学習を始めました。

今日は、松山市役所危機管理課災害対策指導監(防災アドバイザー)の方から

防災意識の向上につながるお話をしていただきました。

子どもたちは、災害に対する備えの大切さを実感することができました。

また、松山市等、地域を守るために活動してくださっている防災アドバイザーさんへの

感謝の気持ちをもつこともできたようです。

これから防災教育を進める上で、今後経験するであろう災害に向けて、

自分の命を自分で守るための取組を、子どもたちから家族へと広げていきたいと考えています。

 

ダンスの練習が始まりました!

今年の、3・4年生の表現の曲は、AAAの「Wake up!」。アップテンポのかっこいい曲です。

同じパートをゆっくりと繰り返し練習していくと、口々に「できた!」の声。早速曲に合わせて踊ってみました。

「速ーい。」と言いながら必死に踊りました。たった1時間でしたが、息が上がり、いい汗をかきました。

  

 

番町タイム(運動会全校練習)

   

 昨日は、台風21号のため臨時休校でしたが、今日は元気な番町っ子に会えて、安心しました。
 今朝の番町タイムでは、1回目の運動会の全校練習を行いました。体育館で「気を付け」「やすめ」「回れ右」などの基本的な動き(集団行動)や開会式での「誓いの言葉」の練習しました。

第2学期始業式式辞

平成30年9月3日

平成30年度第2学期始業式 式辞

 

 長かった夏休みも終わり、今日から2学期の始まりです。みなさんの夏休みはどうだったでしょう。家族との心に残る思い出ができた人、自分で決めた目標に向かって一生懸命努力した人、勉強やスポーツを頑張った人など、それぞれに充実した毎日だったと思います。

 校長先生をはじめ、番町小学校の先生やみなさんの保護者は、誰一人命をなくすことなく、無事に過ごしてほしいと願っていましたが、こうやって元気に登校している姿をみて、本当に安心しました。先日、山口県で2歳の男の子が行方不明になった事件がありました。3日目の朝、無事に助け出されたとニュースで知ったときは、よかったと思うと同時に、人の生命力のたくましさを感じました。この男の子が考えたかどうかはわかりませんが、大変な状況になったとしても、落ち着いて生きる方法を考えることが大切です。

 これからも自分の命を守り、楽しく生活していきたいものです。

 

 さて、2学期の始まりにあたって、いくつかのことをお話します。

 一つ目は校長先生が、大切にしましょうといつも言っている3つのことです。1つは命、2つは友達、3つは番町小学校でしたね。2学期もこの3つを忘れることなく生活してください。

次は2学期に頑張ってほしいことです。運動会、音楽会、秋祭り、陸上大会など多くの行事があります。赤白に分かれて取り組むことや、学年や一人一人で取り組むことなど様々ですが、それぞれの行事において、自分ができることに精一杯チャレンジしてほしいと思います。先日までインドネシアでアジア大会が開かれていましたが、参加をしたすべての選手が、自分の力を出し切ろうと頑張っていました。1番になるかならないかではありません。できることをやれたかやれなかったかです。みなさんも同じだと思います。頑張った自分を誇らしく思える取組にしてください。

 最後は心を成長させるということです。ご飯をたべて、よく寝て、運動をすることで体は大きくなっていきますが、同じように、心も成長させてほしいと思います。

 学級のために頑張る、おうちのために進んで手伝いをする、人が嫌がることはしない、勇気を出していいことをする。他にもまだあるでしょう。自分が今までできていなかったことを何か一つ心に決めて、挑戦しやり抜いてみてください。

 まだまだ暑い日が続きそうです。熱中症には十分気をつけましょう。体の具合が悪くなったと感じたら、すぐに先生に伝えましょう。まわりの友達の様子に気をつけてみましょう。番町小学校のみんなで元気な2学期にしていくことを願っています。     

 

さあ、2学期が始まりました!

 

 2学期がスタートしました。元気なあいさつとともに、子どもたちが登校し、学校が賑やかになりました。
 久しぶりの教室では、夏休みの宿題を集めたり、休み中にあった出来事を話したりしました。

 

 始業式に先立って、表彰が行われました。

 始業式では、5年生の代表児童が2学期の抱負を堂々と述べました。また、校長先生からお話をいただきました。
 まだ、暑さの残る体育館でしたが、みんな集中して式に臨みました。