カテゴリ:低学年(1・2年)

おもちゃランド(1・2年生)

2年生は、空き箱などの身近な材料を使って、動くおもちゃを作りました。

ただのおもちゃではありません。

ゴムや風、重りや磁石などの力を利用して、動く仕掛けのあるおもちゃです。

どうすればもっとよく動くのかを、うーんと考えて、いろいろ試しながら改良してきました。

  

 

 そして、今日はいよいよ「おもちゃランド」のオープンです!

「おもちゃランド」には、1年生を招待することにしました。

 

「おもちゃが壊れないように丈夫にしないと。」

「看板もいるね。」

「コースも増やそうよ。」

「上手に説明できるかな。」

今日のために、子どもたちは次々にアイデアを出し合って、遊び方を工夫しました。

   

 

 

 「電池をくるくる回すと、本当に動いたからびっくりしました。」

「ゴムを引っ張ると、スーパーゴールまで行けて、嬉しかったです。」

1年生は、とっても喜んでくれました♪

 

  「頑張って作ってよかったです。」

「はじめは全然動かなかったけど、友達や先生のアドバイスのおかげでよく動くようになりました。」

「自分の力で修理までできるようになりました。」

「3年生では、もっとすごいものを作りたいです。」

2年生も、一人一人が、達成感や来年への意欲をもったようです。

ふかしいもを食べたよ♪(1・2年生)

先週掘ったさつまいもを、ふかしいもにしました。

わくわくしながら、家庭科室にレッツゴ~♪

先生たちに手を添えてもらいながら、包丁で1回ずつ切る体験もしました。

「きんちょうする・・・。切れた~!」

と、ホッとした表情を浮かべる子もたくさんいました。

しばらくすると、蒸し器からとってもいい香りがしてきました。

「早く食べたいな!」

「もうできたかな?」

きれいな黄色に変わった、ほかほかのふかしいもを見て、子どもたちから歓声が上がりました。

 「いただきま~す!」

みんなで仲よく、おいしくいただきました♪

 

 

生きものとなかよし

 砥部動物園の飼育員さんたちが、うさぎやモルモットなどの動物たちを連れてきてくれました。

子どもたちは、可愛い小動物たちを優しく撫でたり眺めたりして、癒やされていました。

 

 

 

 他にも、うさぎの心臓の音を聞いたり、キリンの毛皮を触ったりするなど、貴重な体験をさせていただきました。

直接触れることで温かさを感じ、「いのちの大切さ」についても感じることができました。

 

動物園へ遠足

 1・2年生は、とべ動物園に遠足に行きました。

 今回は、各学級ごとにグループを作り、園内を回りました。

「どんな順番で行く?」

「最初は、スネークハウスがいい。」

などと話し合いながら仲良く歩き、動物の様子をじっくりと見ていました。

 そして、お楽しみのお弁当タイム。

「おいしいなあ。」

「最高!」

みんな笑顔でお弁当を味わっていました。

おやつも紹介し合いながら、外でのランチタイムを十分に楽しみました。